年賀状の舞台裏
KIDS FOTO STUDIO


日本の方々も、タイに在住のお知り合いからこういう類の写真が送られてくることがよくあると思います。写真館でとってもらうわけです。で、我が家も在タイ6年にしてはじめて撮ってみました。場所はNew Petchiburi通りのChanissara Tower 2ビルにあるKids Fotoという写真館です(FotoはPhotoの間違いではありません)。

まず撮影の時間を予約します。衣装やアクセサリーはすべてありますので、靴だけが自前ですが、足下は写りませんので問題ありません。私はズボンの裾があわない(もちろん長過ぎ)のが気になってましたが、無用の心配でした。

約束の日、約束の時間にみんなで出向いて衣装を選んで撮影です。全部で30分ぐらいでしょうか。4X6判かなんかでいろんなポーズを撮って、一週間後に現像があがって写真ができますので、コンタクト(密着焼)を見ながらどれを伸ばすか、再度打ち合わせです。

お姉さんは西洋風プリンセスのイメージと違うため若干満足度が低かったです。鏡のなかにこんなときにデジカメ撮影中の私が映り込んでいますね。メイクさんは「何やってるのかしらこのナイハンは」という顔です。

出来上がった写真を伸ばして記念写真にするわけですけが、葉書を作ったり、卓上カレンダーを作ったりします。

さてこのKids Fotoですが、その名のとおり子供向けの衣装が揃ってます。シンデレラや白雪姫、ピーターパンはもちろんセーラームーンやモーグリやライオンキング(これは冠ると全身がかくれるぬいぐるみですので頭をはずした写真とセットでないと意味がないです)まで、なりきりで写真を撮れるので、子供が退屈してるときに行くと面白いかも知れません。七五三の写真もこれでいいかな。

わしは日本人だ!というわけではないのですが、みずからすすんでこういうのにあまり足を向けない私です。が、やってみると面白かったです。子供のおかげでいろいろ楽しいことが増えました。

 


- 戻る  - 筆者へのメール -