M A L D I V E S

P A R A D I S E I S L A N D

August 9 - 15, 1999

 


 

D E P A R T U R E

 

■ 深夜のドンムアン空港 ■

AIR MALDIVES のL6 161便はバンコクからマーレへの直行です。深夜1時30分発、B767に乗って4時間ほどでマーレにつきます。バンコクからモルディブへの旅はシンガポール経由などが多かったのですが、直行便ができてたいへん便利です。しかしフライトとてもすいていましたので利用者が集まってずっと続くかどうか心配です。

 

■ マーレ到着は04時10分 ■

 


 

R E S O R T

 

到着してチェックイン。夜が明けると美しい海。ずっと向こうの珊瑚礁で波頭が砕けています。パラダイスアイランドは北マーレ環礁の群の東端にあり、外洋からそう遠くありません。

 

 

PARADISE ISLANDは空港からも近いポピュラーなリゾート島です。規模も大きく40棟の水上コテージをはじめ、200室あまりの部屋があります。

 

 

浸食の早い海岸に白い砂浜を維持するために、近くの海底を浚渫して珊瑚や貝のかけらをポンプと長いパイプで浜に運んで撒いていました。夢に見るような白い砂浜は放っておけば長く続くものではないようです。
こんな小さな孤島に真水のプールがあるなんて本当に昔は考えられなかったことです。海水淡水化技術のおかげ?

 

ダイビングスクールや桟橋につながる橋の上で「あそこにさかながたくさん泳いでいる」

 

 

カップルもいいですが、ファミリーも楽しいですよ。
椰子蟹が走ってゆきます。白い体は半分透きとおるようですが、肉が厚く大変たくましく強そう。

 

■ スライドショー MALDIVESの風景■
(上の写真かこちらをクリックすると
スライドショーが見られます)  

日の傾きによって海の色が移ろっていきます。西側の桟橋の周りの砂浜は午前中明るく優しいアクアカラー。

 

島に生物はすくないですが、こんな生き物を見つけました。

 


 

D A W N

  

 

夜明けの海岸を息子と散歩しました。潮が引き海はひたすら静かで鏡のようです。昼間は見ない魚が波打ち際に群れていました。

 

■ パノラマ MALDIVESの夜明け■
(上の写真かこちらをクリックすると
QuickTime VRパノラマが見られます)

 


 

I S L A N D S H O P P I N G

 

 

島巡りの船に乗りました。

 


ISLANDS HOPPING

B A N D O S I S L A N D R E S O R T

BANDOS ISLAND RESORTを訪問しました。ここも有名なリゾート島です。センタービルディング周りは現代的なリゾートの作りのPARADISE ISLAND に比べより自然になじんだつくりです。
 

 

コテージは古いものと新しいものがあります。
浸食は激しく波打ち際が椰子の根本を洗っています。防潮堤も効果は限られるようです。


ISLANDS HOPPING

I S L A N D L I F E

MALDIVESは観光用のリゾート島と国民の生活する島をはっきりと区別して観光客と住民が混ざらないようにしています。観光客が訪問できる生活の島は限られているようです。

 

左は島の町役場の前、公衆電話の右側でみんなでガイドさんの説明を聞いています。右は島の小学校。ちょうど試験の真っ最中でした。中学校から先は首都の島マーレへ通うことになるのだそうです。

 

■ 島のメインストリート ■


 

 

珊瑚礁と島以外に訪問するところはありません。日の傾く海を宿に向かって戻ります。夕日の反射が海を金色に染めます。

  


 

S H O W E R

 

 

雲とその下の暗く煙るスコールが水平線のほうから近づいてくるのが見えました。風が椰子の木を揺らし、雨粒がプールの水面をたたき始めると、次の瞬間バンコクでもおなじみの熱帯のシャワーです。

 


 

S A Y O N A R A M A T A N E

 

 

AIR MALDIVES 、L6 5150便も当然バンコクへの直行。15時35分発。22時15分にはバンコクに着き、夜半には我が家に帰れます。

「楽しかったし、こんなに近いのならまた近いうちに来たいね。」「うん、先立つものがあればね。」

 

        


 - 戻る - 筆者へのメール -