BANGKOK MASS TRANSIT SYSTEM

1999.12.11

 


BTS(Bangkok Mass Transit System Public Company Limited)の高架鉄道が12月5日、国王誕生日に開業しました。私は開業の日に早速初乗りに挑戦していましたが、12月11日土曜日にWeek end marketへ家族で出かけ、モーチット駅まで往復しました。

 

我が家はアソーク駅とプロンポン駅の間ですが、今日はアソーク駅から乗車です。5階建ビルぐらいはあるかなり高い高架ですが(そのおかげで道路があまり暗くなりません..ただし駅のところを除きます)、心配するほど苦になりませんでした。

今の季節は良いですが、3月や4月の暑い頃は駅まで歩いたり階段を上がったりするのは今よりは大変かもしれません。左の写真の右側赤いシャツの人は案内係のお姉さんです。

三両編成の電車がプロンポン駅のほうから入ってきました。

 

南国の日差しに配慮したか車両の窓は小さめですが、社内は明るく(昼間というのに照明が点灯していますね)開放感があります。白とブルーと黄色が軽快な感じです。微妙にカーブして設置されたいすや、湾曲した手すりなど遊び心が楽しいです。この椅子の設置方法は合理的と思いました。乗り降りする人と端の椅子に座っている人の膝がぶつかりにくい細かい気配りです。

連結部の広さに注目してください。3両の固定編成で切り離せません。3両または6両で運転する前提で作られています。

社内には非常停止ボタンがあって、操作すると電車は止まります。後続の電車も次々と止まります。6日の月曜日にさっそく実験してみたお客さんがいたそうです。

 

右は北線(スクムビット線北方面)の終点モーチット駅です。ウィークエンドマーケットの開く土曜日とあって、結構な混雑でした。

左は夜サイアムでフカヒレを食べたあと帰りの電車に乗るところです。

  

左側はモーチット駅に設置工事中のエレベータです。ずいぶんとマスコミを騒がせましたが結局主要な駅でエレベータの設置工事が進んでいます。

右は戦勝記念塔。戦勝記念塔ロータリーを電車はぐるりと回って行きます。一両の長さが23mと日本の電車に比べると車両の長さは長いのですが(日本のは20mか17mが多い)、小さなカーブをゆっくりと進みます。

BTSは交差点を直角に曲がるような急カーブがあちこちにあります。

 

北線を南下してくると、左写真の右の方、国立競技場駅から来るシーロム線とサイアム駅で交差します。サイアム駅が乗り換え駅です。右写真は高いところから見るバンコクの町並。パヤタイ駅付近からバイヨークタワー方面を臨みます。

サイアム駅のホーム、夜は地下鉄駅のような雰囲気です。

●BTSの路線図はこちらです。(各駅周辺案内も載っています)
●乗車駅から各駅までの料金をチェックできる表はこちらです。

        


 - 戻る - 筆者へのメール -