たとえば宝石フェア

   

バンコクには手口が広く知られている有名な詐欺やスリがあります。車で道を聞くふりをして財布を抜き取る美人の2人組。空港で出迎えを装ってさんざん引き回して金を使わせる出迎え詐欺。「今日が宝石のフェアの最終日で安く良いものが買える」という宝石フェアで結局高い買い物をさせられてしまう宝石フェア。なぜこんなに有名な手口に引っかかる人があとをたたないのでしょうか。NiftyServeのフォーラムでこの類の話題が出ていましたので、考えてみました。

 宝石フェアの手口はこうです。
 旅行者が有名な観光地できちんとした身なりの医者や公務員や警官といった人に、話しかけられ、今日は特別な宝石のフェアの最中で会場にゆけば普段よりずっと安い値段で良い者が買えるという話をされます。そういう話をまた別の景勝地で別の人から聞かされます。
 のせられてその会場へ行くと「今日は特別で普段より○割りも安い、この機会を逃す手はないよ」と言われ、出店でクレジットカードなどで実は良くない品を結局随分と高いお金で買わされてしまうというものです。
 日本に帰って台を作ってもらう為などで、宝石店などに行って見てもらって、初めて高い買い物をさせられたと気づきます。そしてタイに戻って返品と払い戻してもらえば良いのですが、わざわざまた飛行機代を払ってバンコクに乗り込むほどの金額ではないのです。

 結局は自分が納得して品物を購入したのですから、詐欺とは言えない?ところが見事、いや巧妙です。取引きとしては違法なところはないようになっているようです。しかしもちろん、観光地でカモに話しかける人間もぐるになったぼったくりであることはあきらかです。
 よしんばタイに舞い戻り、警察に行き、あちこちで「こういうおとくなイベントがある」と言ったり、案内したりする人が店とぐるでその人間に分け前がいっていることを認めさせても、一筋縄では犯罪として立件することは難しいでしょう。
 良く知りませんが、タイでも消費者保護の観点からの規制が皆無というわけではないでしょう。バンコクポストなどは時折悪質なあるいは不透明な販売業者や取引をを追求する特集記事がのります。最近でいえば、昨年はハウスデリバリーの小口貨物の関税や通関手数料の問題が頻繁に取り上げられました。また携帯電話のセールス合戦における不当表示なども結構話題でした。

 話をもどしてこの宝石フェアの話はいろいろな旅行者達の正体や心理がかなり広く深く読まれているといるといえないでしょうか。実際これだけ手が混んだことをするのはたいしたものです。
 本当は買い物をする充分なお金を持っている人、あまり観光旅行者の読みそうなガイドブックを読まない人、人のあまり知らないところで安い買物をするのが好きな人やそいういう自慢話の好きな人、ほんとは良く知らないのに慣れたフリをしがちな人、交渉ごとが苦手でNOがなかなかはっきりいえない人、なんかがつけこまれて結局買わされてしまいそうです。
結局宝石を買う人のほとんどが自分では価値を判断するものさしを持っていず、あとからクレームをつけづらいことをベースに構築された仕組みです。このことに気がつけば容易に思い付くビジネスではありますね。

 日本語ではこの事例を含め有名な詐欺やぼったくりについて、ガイドブック、いろいろなバンコク情報紙、パンフレット、領事館などのポスター、その他ありとあらゆるところで、ことあるごとに手口は解説付きで紹介され注意されています。またよいガイドさんや添乗員、旅行会社案内係の人はきちんと注意してくれると思います。私はバンコクのこのたぐいの話については、これほどあちこちでありとあらゆる方法で注意されているのにひっかかる人があとを絶たないことに私は少し疑問を覚えています。
 例えば業務出張者ねらいのいわゆる「空港の出迎え詐欺」は広く手口が理解され、各社が対応するようになったせいか最近はとんと被害を聞かなくなりました。が、この宝石の話と「道を聞くフリをして財布を抜く」ケースはいっこうに減りません。

 お上頼りの日本人でも、これだけ情報が提供されていたらあとは個人の責任と言われてもしょうがないのではないでしょうか。はるかにリスクの高いケースが(タイにかぎらず)あちこち転がっていることを思えば、旅行前の下調べをよくすることにやりすぎという言葉はあてはまらないのではないでしょうか。自分の身を守る行動の第一はやはり自分の情報収集でしょう。
 よくいろいろな情報に気を配り、ちょっとおかしいと思ったらはっきり確かめる、いらないと思ったらはっきりノーと言うということをこころがければひっかかることは少なくなるでしょう。

 ひんしゅくを顧みず、私もえらそうなことを言っておりますが、幸い私はいままでこういうたぐいの被害にあったことはないのですが、別のところではアルコールで判断力を失ってお金をばらまくということをくり返しており、その自業自得の被害額はこの宝石フェアの事例とは桁違いのサラリーマンにとっては天文学的金額になっていますが...(^_^;

 


- 戻る  - 筆者へのメール -